吹田ホスピス市民塾とは

目的

「がんになっても安心して暮らせる吹田のまちづくり」をめざして、

①がんの予防、早期発見・早期治療の情報発信

②がん患者・家族の相互交流

③余命が限られた市民が、身体的・精神的苦痛から解放され、残された日々を

 有意義に過ごすためのネッ トワークとシステムの構築

④遺族の相互交流によるグリーフケア、などを推進する。

 

沿革

平成18年度吹田まちづくり市民塾の一つで、吹田市の研究活動の委託事業として、

平成18年8月から平成20年3月まで、助成を受けて活動。

平成20年3月、名称を一部変更して活動を継続。

 

 

中期目標(抄)

①「吹田在宅ケアケアネット」に参画、活動の推進を図って、吹田地域の「在宅ケア」の

 ネットワークとシス テム化を図る。

②がん診療拠点病院での「がん患者サロン」開設時の支援。

③(仮称)「吹田がん情報サロン」(ピアサポート、デイサービスも含め)設立の検討。

④ホームホスピス方式を研究。

⑤在宅医へのボランティアによるサポート体制の検討。 

⑥「吹田がん対策推進計画」の策定、推進。

⑦「吹田がん対策推進条例」制定の推進。