長尾和宏氏講演会 10月20日(木)

報告書とアンケート

‘16.11.17

 

 小澤 和夫

 

「事業報告書」

 

1.事業名:長尾和宏氏講演会「がん患者さんが自宅で生ききるには」

2.主催団体:吹田ホスピス市民塾 

3.開催日時:’16.10.20(木)14:00~16:00

4.開催場所:メイシアター中ホール

5.参加対象・参加人数:市民(吹田市以外も含め)、258人。

                    (チケットの購入者:329人)

6.後援団体(順不同):吹田市・吹田市教育委員会・大阪府吹田保健所・

 吹田市社会福祉協議会・吹田市薬剤師会・吹田市介護保険事業者連絡会・ 

 一般財団法人日本尊厳死協会関西支部・吹田在宅ケアネット

7.事業の成果:多くの有名人の事例を動画で紹介、「がん患者さんが終末期に

 在宅で平穏に過ごすことの大切さと可能性」についてのメッセージが伝えられ

 たと考える。

 

 添付資料のアンケート(講演会)を参照。

 なお、同時に頂いた「終末期医療」「がん医療」についてのアンケートも、

 大変参考になる資料となった。 以上

 

添付資料:アンケートまとめ:①講演会 ②「終末期医療」 ③「がん医療」

 

 

講演会アンケート
1610アンケート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 394.7 KB
終末期アンケート
1610 終末期アンケートm.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 529.5 KB
がん医療アンケート
1610 がん医療アンケートm.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 681.8 KB